調理実習

基本から現場で使える技術・知識までを実習を通して
しっかり身に付けます。

1.デモンストレーション

まず、担当の講師が本日のメニューを説明します。レシピに沿って、使用する食材や調理する上でのポイントなど全体の流れをデモンストレーションを見せながら説明していきます。

2.下準備

みんなで分担を決めて、下準備に取り掛かります。下準備の出来が料理全体の出来につながるのできちんと丁寧にしていきます。講師の先生もこまめに指導します。

3.自分たちで調理

作るメニューによって、食材の調理方法は様々です。 焼くとき、炒めるとき、煮こむときなど、素材を活かすプロのテクニックを学びながら調理していきます。

4.盛り付け

和洋中を問わず、お店の良し悪しを左右する盛り付け。色のバランスや配置など、美味しいものが、より美味しく見えるよう、講師に教わりながら仕上げていきます。

5.試食タイム

いよいよ、自分たちで調理した料理の試食です。見た目や味の評価をしながら、プロの料理人へ近づいていきます。もちろん、メニューにあった食べ方やマナーなども学びながら、美味しくいただきます。

6.後片付け

手際良く後片付けをしていくのも、プロとして大切な仕事です。鍋やフライパン、食器など、効率的な洗い方などを学んでいきます。

在校生の声

調理実習では、最初に先生のデモンストレーションを見て、班員とともに料理を作っていきます。ラザニアを作ったときはパスタを生地から作り、ソースや具材などを役割分担し、声がけしながら作りました。調理実習を通して、将来現場で働くうえで必要な『周りを見る目』が養われます。声がけなどをしてみんなで団結して作る料理は本当に達成感があり、とても美味しいです。

宮崎 芽来(3年生)

一宮市立葉栗中学校

調理実習では、最初に先生のデモンストレーションを見て、班員とともに料理を作っていきます。ラザニアを作ったときはパスタを生地から作り、ソースや具材などを役割分担し、声がけしながら作りました。調理実習を通して、将来現場で働くうえで必要な『周りを見る目』が養われます。声がけなどをしてみんなで団結して作る料理は本当に達成感があり、とても美味しいです。

体験入学 資料請求 電話